前日はアルコールNGの理由

| 未分類 |

 ビューティー06脱毛の前日にお酒を控える理由は前日にお酒を飲んでしまうと脱毛をした際にあかみやかゆみが出て肌が荒れてしまう原因となってしまいます。これはアルコールを摂取することによって血行が良くなり血管を押し広げてしまうことによってかゆみやあかみ、炎症を起こしてしまうのです。さらに、血行が良くなると肌が敏感になり通常だと気にならないような痛みやかゆみを感じてしまう原因となります。痛ければ機械の出力を下げれば良いと思うかもしれませんが、機械の出力を下げてしまうと効果まで下がってしまいます。
アルコールを飲むと利尿作用等がある為飲みすぎると体内にある水分を減少し、乾燥肌の原因となります。乾燥肌になるとかゆみが出やすくなってしまいます。お酒をのむとおつまみを食べますよね。そのせいでニキビができやすくなってしまいます。一般的に脱毛はニキビを治してから行うのでニキビができてしまうと施術の邪魔になってしまいます。
お酒を飲んだら12時間は体の中に残ってしまいます。午後に脱毛をする場合も深酒は避けた方が良いですし、午前中に脱毛する場合はお酒を控えましょう。もちろん二日酔いになってしまったら脱毛は避けなければいけないのでキャンセル料を払わなければならなくなるので、脱毛前日の飲酒は控えましょう。