脱毛サロンで脱毛の施術を受ける際には事前にシェービングの自己処理をする必要があります。
脱毛に使用する光やレーザーなどは毛の黒い色素に反応して熱エネルギーになり毛根を破壊するため抜いてしまって毛根がない状態では効果がありませんが、必要以上に長い毛があると毛根に光のエネルギーが集中せずに分散してしまい毛根に届く効果が弱くなることと、余計な場所にエネルギーが照射されることで皮膚を傷めやけどや炎症が起こる危険性が高まるためです。
脱毛に最適な毛の長さはおよそ1ミリ程度となっています。
そのため剃り残しがある場合には施術を断られたり、毛が残っている部分を除いてしか施術してもらえないということもあります。
背中やデリケートゾーンなどは自分でシェービングをするのが難しいため、剃り残しの可能性が高くなるので注意が必要になります。
サロンによっては別料金でシェービングを行ってくれるところや、電気シェーバーを販売しており自分で処理するというところ、シェービング代が最初から料金に含まれているところ、シェーバーを持ち込めば剃ってもらえるというサロンもあります。
剃り残しが心配な場合は施術の際にはシェーバーを持って行ったほうが安心です。