乾燥や日焼けはNG!

| 未分類 |

ビューティー04脱毛の施術を受けている期間中には、乾燥や日焼けに注意する必要があります。脱毛サロンのフラッシュ脱毛では、メラニン色素に反応する特殊な光の熱を利用して、毛根にダメージを与える仕組みです。乾燥したものには火がつきやすいことと同じ原理で、乾燥している肌では、毛穴周辺の皮膚にも熱が伝わりやすくなるため、火傷や強い痛み、赤みなどの症状を引き起こすことになります。また、火傷が酷い場合には、跡が残ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。仮に、乾燥がそこまでひどくない状態としても肌を傷つけないために脱毛器の出力を通常よりも下げて施術を行うことになるため、脱毛効果が下がります。
日焼けした肌も火傷などを引き起こしやすいため、程度によっては施術を断られることになります。多少の日焼けであれば、施術できることもありますが、普段よりも痛みが強かったり、赤くなりやすいとされています。
そのため、保湿と紫外線対策が重要になります。保湿をしっかりと行うことで、肌が潤っている状態となり、火傷などの肌トラブルを引き起こしにくく、脱毛効果も高まります。紫外線対策としては、日焼け止めなどを用います。紫外線対策が徹底できない場合には、日差しの弱い秋から冬に脱毛をはじめることです。