» 未分類のブログ記事

体調不良時は施術NGの理由

| 未分類 |

脱毛サロンを利用するには予約をしておく必要がありますが、その予約日に体調を崩してしまうこともあります。

サロンの施術は安全性の高いものとなっていますが、やはり体調不良の場合無理せずキャンセルしておいたほうが良いでしょう。
女性は生理日などで体調を崩すことも多いですが、上半身のみの施術でも、普段より肌がデリケートとなっていることもあり炎症を起こしてしまう可能性もあります。

さらに風邪を引いたなどで熱があるときなどはより安静にしておくことが大切です。体調の悪いときはサロンまでの移動だけでも疲れが出てしまいますし、施術は服を脱いで行いますし、冷たいジェルなどを利用する場合はそれだけで体が冷えてしまうことも考えられます。

さらに施術箇所によっては無理な姿勢になることもありますので、そうした姿勢を続けることも体調の悪いときにはふさわしいとは言えません。

気持ちよく施術を受けるためにも、肌トラブルを避けるためにも体調不良の場合は施術は避けたほうが無難です。
キャンセルはネットなら24時間いつでも行うことができますし、当日キャンセルしたい場合などは直接電話で伝えておくのも良いでしょう。

そして、体調が回復したらまた予約を行い施術を進めていきます。

施術前に入浴を控える理由

| 未分類 |

ビューティー07エステサロンで脱毛する場合には、施術を行う前には入浴を控えるように言われます。
その理由は脱毛方法が原因となっています。
エステサロンで現在主流となっている方法はフラッシュ脱毛と呼ばれる方法です。
このフラッシュ脱毛は光を体毛に照射する事によって脱毛する事が出来るのですが、光が直接作用して毛が抜ける訳では無く、毛の中に含まれている色素が光に反応し発熱します。
その熱で毛根にある毛母細胞にダメージを与えて脱毛するのです。
この時に、入浴して体を温めている状態であると体温が高くなっている事になります。
その状態で熱が発生した場合、体温が上がっていない状態よりも熱によって火傷してしまうリスクが高くなります。
そのために、施術前には入浴を控えるように指示され、施術後も当日はお風呂に入って体温を上げる様な事は避けるように言われます。
ただ、夏場の暑い時は何もしなくても汗が出てきてどうしても汗は洗い流したいものです。
当日でもシャワーであれば使っても問題が無いので、シャワーを軽く浴びて汚れや汗を洗い流すことぐらいは出来ます。
また、入浴以外でも、飲酒や運動などの体温を上げる行為も施術前後には控える必要があります。
守らないでトラブルが起きた場合に困るのは自分自身なので、しっかりと守るようにして下さい。

汗はNG?その理由とは

| 未分類 |

汗は運動するときにもっとも発生する現象ですが、これによって血管が拡張されたり胎内温度が高まったりなどいろいろ調節が行われることで起こる美容前の不便というものが起こります。特に脱毛などは箇所によっては発刊したところに最近が紛れ込む可能性が出てくるため、極力美容整形に通うときは発汗などの作用を減らす努力も必要なのだということです。

運動でなくとも毛穴が拡張すればその状態がしばらく続くのは想像に難くないので、自分なりに管理するしかないのです。軽い運動だったとしても条件によれば相当の発汗が起こる可能性が高くなるので、美容手術を受ける前後は極力運動を控えるなどして我慢することが求められます。また発汗のみによる弊害も忘れてはならない要素であり、体が蒸れることを避ける為にシャワーを一日あたりに何度も浴びる動作を習慣づけている人間が存在するほどです。

我々が運動をしていない時でも体の血管というものは絶えず循環していることを忘れてはならないということは、美容に関してもほぼ同等のことが言えるという法則が成り立ちます。脱毛が気軽にできるからと言って慢心をしていると、こうした油断によって肌ダメージが大きくなります。

世の中の多くの女性にとって美容は生涯にわたってかかえる課題ではないでしょうか。毎日の生活の中で効果的に肌をきれいにするには何をすればいいのでしょうか。またどこにポイントをおけばいいのでしょうか、などその心構えはとても重要な要素になります。生活習慣の乱れや食生活の乱れは肌にとってマイナスな要素になります。生活習慣の面では寝不足や洗顔、保湿などがかかわってきます。肌の状態を整えるためには睡眠不足ではよくないのです。また洗顔クリームや保湿クリームは質の良いものを使用されているのでしょうか。とても大切なことです。毎日の生活に適度な運動をする時間はとられていますか。適度な運動は質のよい睡眠とも関係しています。体を動かし心地よい汗をかく時間を作るようにしてください。そして内面ですが、栄養素の中で肌に関係しているのはコラーゲンがあります。コラーゲンはお肌をプルプルな状態にしてくれます。食材の中では中華料理でよく使われているフカヒレや魚のアラ、手羽先などを煮た後に冷え固まった煮こごりなど印象にあるでしょう。コラーゲンはそんな肉や魚の骨や皮などに豊富に含まれています。毎日の生活で一定量摂取することは非常に難しいことですが補助食品としてドリンク、サプリメント、パウダーなどにも含まれています。うまく活用されるといいでしょう。

前日はアルコールNGの理由

| 未分類 |

 ビューティー06脱毛の前日にお酒を控える理由は前日にお酒を飲んでしまうと脱毛をした際にあかみやかゆみが出て肌が荒れてしまう原因となってしまいます。これはアルコールを摂取することによって血行が良くなり血管を押し広げてしまうことによってかゆみやあかみ、炎症を起こしてしまうのです。さらに、血行が良くなると肌が敏感になり通常だと気にならないような痛みやかゆみを感じてしまう原因となります。痛ければ機械の出力を下げれば良いと思うかもしれませんが、機械の出力を下げてしまうと効果まで下がってしまいます。
アルコールを飲むと利尿作用等がある為飲みすぎると体内にある水分を減少し、乾燥肌の原因となります。乾燥肌になるとかゆみが出やすくなってしまいます。お酒をのむとおつまみを食べますよね。そのせいでニキビができやすくなってしまいます。一般的に脱毛はニキビを治してから行うのでニキビができてしまうと施術の邪魔になってしまいます。
お酒を飲んだら12時間は体の中に残ってしまいます。午後に脱毛をする場合も深酒は避けた方が良いですし、午前中に脱毛する場合はお酒を控えましょう。もちろん二日酔いになってしまったら脱毛は避けなければいけないのでキャンセル料を払わなければならなくなるので、脱毛前日の飲酒は控えましょう。

脱毛サロンで脱毛の施術を受ける際には事前にシェービングの自己処理をする必要があります。
脱毛に使用する光やレーザーなどは毛の黒い色素に反応して熱エネルギーになり毛根を破壊するため抜いてしまって毛根がない状態では効果がありませんが、必要以上に長い毛があると毛根に光のエネルギーが集中せずに分散してしまい毛根に届く効果が弱くなることと、余計な場所にエネルギーが照射されることで皮膚を傷めやけどや炎症が起こる危険性が高まるためです。
脱毛に最適な毛の長さはおよそ1ミリ程度となっています。
そのため剃り残しがある場合には施術を断られたり、毛が残っている部分を除いてしか施術してもらえないということもあります。
背中やデリケートゾーンなどは自分でシェービングをするのが難しいため、剃り残しの可能性が高くなるので注意が必要になります。
サロンによっては別料金でシェービングを行ってくれるところや、電気シェーバーを販売しており自分で処理するというところ、シェービング代が最初から料金に含まれているところ、シェーバーを持ち込めば剃ってもらえるというサロンもあります。
剃り残しが心配な場合は施術の際にはシェーバーを持って行ったほうが安心です。

脱毛前のNG自己処理法

| 未分類 |

ビューティー05脱毛サロンで施術を受けようと考えている場合、脱毛前に行なう自己処理として禁止されているのが、毛抜きを使ってムダ毛を抜く行為です。施術方法によって違いはありますが、毛抜きを使用してムダ毛を抜いてしまうと、その部分の毛や毛根がなくなってしまうため、施術の効果が期待できなくなってしまうのです。脱毛サロンでの脱毛では、ムダ毛の生える周期に合わせて施術を行っていきますが、毛抜きを使用して処理してしまうことによって、その周期がバラバラになってしまい、その結果施術が遅れてしまったり、施術回数も増えてしまうといった可能性もあります。普段から自分でムダ毛をケアしている方は、サロンで施術を開始する3ヶ月くらい前から毛抜きの使用を控えた方が良いとされています。また、毛抜きの使用は毛穴を曲げてしまうといったリスクもあります。毛穴が曲がっていると、光脱毛の光などが効率良く毛穴に届かないため、綺麗に仕上がるまでに時間がかかってしまいます。どうしても脱毛前や脱毛中に自己処理をしなければならない場合には、通っている脱毛サロンに相談した上で、適切な処理を行なうようにしましょう。電気シェイバーを使用するのも良いとされています。

乾燥や日焼けはNG!

| 未分類 |

ビューティー04脱毛の施術を受けている期間中には、乾燥や日焼けに注意する必要があります。脱毛サロンのフラッシュ脱毛では、メラニン色素に反応する特殊な光の熱を利用して、毛根にダメージを与える仕組みです。乾燥したものには火がつきやすいことと同じ原理で、乾燥している肌では、毛穴周辺の皮膚にも熱が伝わりやすくなるため、火傷や強い痛み、赤みなどの症状を引き起こすことになります。また、火傷が酷い場合には、跡が残ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。仮に、乾燥がそこまでひどくない状態としても肌を傷つけないために脱毛器の出力を通常よりも下げて施術を行うことになるため、脱毛効果が下がります。
日焼けした肌も火傷などを引き起こしやすいため、程度によっては施術を断られることになります。多少の日焼けであれば、施術できることもありますが、普段よりも痛みが強かったり、赤くなりやすいとされています。
そのため、保湿と紫外線対策が重要になります。保湿をしっかりと行うことで、肌が潤っている状態となり、火傷などの肌トラブルを引き起こしにくく、脱毛効果も高まります。紫外線対策としては、日焼け止めなどを用います。紫外線対策が徹底できない場合には、日差しの弱い秋から冬に脱毛をはじめることです。

脱毛サロンでムダ毛の処理を行うことでキレイに脱毛してもらえます。予約をしたならば、脱毛サロンに行く前日までに自分でやっておくべきことがあります。それはシェービングです。サロンに行って毛が伸びすぎていると照射してもらえないこともあります。フラッシュ脱毛の場合、毛根のメラニン色素に反応させて行いますので、毛が長いと毛根ではなく毛の方に反応して火傷の原因になる可能性もあります。

脱毛サロンに行く当日までにはムダ毛の自己処理が必要です。ですが、自己処理する時には注意点があります。脱毛するのに程よい長さがあるということです。毛が1.2㎜ほど伸びているのが毛根にうまく反応する長さでベストだといわれています。逆に脱毛サロンに行く当日に自己処理をすると、毛の長さがなさすぎで肌に光のダメージを受けたり、毛根に反応しづらくなったりします。

自己処理する時の注意点として、肌を傷つけないようにすることです。肌が傷ついているとその部分は照射できなくなります。ですので、カミソリや毛抜きなどを使った方法では、肌を傷つけたりダメージを与えますので、シェーバーを使っての自己処理がおすすめです。シェーバーは肌を削ったり傷つける心配がないので利用することができます。